コインチェックで1500円分のビットコインを貰おう!カンタン10分で完結!

バイナンス ステーキング|やり方や種類、報酬など解説

仮想通貨取引所のバイナンスでは、仮想通貨のステーキングをバイナンスの中の資産を移動させるだけで簡単にできます。

また、バイナンスではPOSトークンだけでなく、POSを採用していない仮想通貨もステーキング可能なので、ユーザーにメリットが大きいサービスです。

この記事でわかることは

  • バイナンスでステーキングできる銘柄
  • バイナンス ステーキングの3つの種類について
  • バイナンス ステーキングのやり方や報酬額について

それでは世界最大の仮想通貨取引所、バイナンスのステーキングについて解説していきたいと思います。

目次

バイナンスでステーキングできる銘柄

バイナンスでステーキングできる仮想通貨は100種類以上あり、例をあげると

SOL、DOGE、SAND、ADA、AXS、NEM、TRX、ATOM、IOST、SHIB、MATIC

などがあり、Defiステーキングでは、ステーブルコインもステーキングできます。

各通貨ごとに預け入れる最低額が決まっていて、期間は30日、60日、90日、120日が選べます。

報酬はAPRで表示され、期間の長さで報酬額が変わります。

バイナンスのステーキングの種類

バイナンスのステーキングでは、3つの種類があります。

定期ステーキング

仮想通貨を一定期間預け入れることによって報酬を得られるバイナンスのステーキングサービスです。

ステーキングできる種類が豊富で、いつでも資金を引き出せるメリットがあります。

DeFiステーキング

Defiステーキングとは、バイナンスがユーザーに代わってAAVEに代表される分散型金融のシステムを利用して運用してくれる代行サービスのことです。

Defiステーキングに使える仮想通貨の種類は13種類あり、ステーブルコインのBUSD、USDT、USDC、DAIのほか、BTC、ETHなどをステーキングできます。

Defiステーキングのメリット

ユーザーが、Defiステーキングを利用するメリットは、

  • ウォレットが必要ないので秘密鍵の管理をしなくていい
  • 報酬の請求、売買などの作業がいらないので、ガス(ブロックチェーンを動かす手数料)がかからない

この2点があげられます。

Defiステーキングのデメリット

分散型金融のシステムはスマートコントラクトでコントロールしているので、セキュリティに不備があるとハッカーからの攻撃によって、ユーザーの預け入れている仮想通貨が盗まれてしまいます。

バイナンスでは、「SAFUファンド」というユーザー保護のための資金プールがあり、2019年にバイナンスがハッキングを受けたときは、SAFUファンドの資金を使ってユーザーに補填しています。

イーサリアム ステーキング (ETH2.0ステーキング)

イーサリアムがPOSに移行すると、ステーキングでネットワークを維持(検証作業)するようになります。

移行後のステーキングに参加するためには、32ETHをステーキングする必要があり、小口の投資家には敷居が高いのが難点でした。

しかし、POS移行後にイーサリアムの価値が上がると予想する人々には、早いうちにイーサリアムをステーキングしておきたいという需要があります。

そこで、バイナンスがイーサリアムのステーキングを代行してくれることで、少額のETHでもステーキングできるようになりました。

これがバイナンスのETH2.0ステーキングになります。

イーサリアム ステーキングの期間、報酬について

ETH2.0ステーキングでは、ステークされたETHの証明としてBETHが発行され、保有するBETHの量に応じて、BETHがステーキング報酬として配布されるシステムになっています。

ETH2.0ステーキングを利用すると、イーサリアムにシャーディングが実装されるまで、預けたETHを引き出せません。

そのためバイナンスではETHと1対1で交換できるBETHを発行して、ロックされたETHの代わりにいつでも売却、出金できるようにしています。


イーサリアム ステーキング 利回り

ETH2.0ステーキングの報酬は最大でAPY5.2%、ステーキング参加者が増えれば増えるほど報酬額は下がっていきます。

バイナンス ステーキング 利率や報酬について

バイナンスのステーキングは期間が決まっている定期ステーキングと、期間の決まっていないフレキシブルロックステーキング(Defiステーキング)があり、預け入れる期間によって報酬の額が変わっていきます。

2つのステーキングの期間と報酬についてまとめていきます。

定期ステーキング

定期ステーキングは預け入れる期間が、30日、60日、90日、120日と4種類あり、期間が長いほど報酬額が大きくなります。

報酬は1日単位でバイナンスのアカウントに振り込まれ、ステーキングの期間が終わると預け入れた仮想通貨は自動でウォレットに戻ってきます。

フレキシブルロックステーキング

フレキシブルロックステーキングは、期間の定めがないDefiステーキングで、1日単位で預け入れます。期間の縛りがない分だけ報酬は低く設定されています。

バイナンス ステーキング 早期償還

バイナンスのステーキングでは、いつでも預け入れた仮想通貨をアカウントのウォレットに戻せる「即時償還」というものがあり、好きなタイミングでステーキングを解約できます。

定期ステーキングでは、早期償還で預け入れた資産を減ることはありませんが、ステーキング期間中に配布された報酬は元本から差し引かれます。

バイナンスのステーキング方法

バイナンスのステーキングの使い方は、まず、バイナンスにステーキングしたい通貨を入金、またはバイナンスで購入します。

次に、バイナンスのアカウントに保有している暗号通貨をステーキングする、という流れになります。

まず、公式ページの上部タブから「収益」をクリックして、ステーキングを選択します。

バイナンスステーキング


今回はADAをステーキングしていきます。


ステーキングする期間を選び、今すぐステークをクリックします。

ステーキングする期間を確認し、数量を入力します。

自動ステーキングは、ステーキングが終わったときに自動で再度ステーキングしたい場合にチェックを入れておきます。

推定APRは4.31%となっていて、利息は30日で0.1ADA増える計算になります。

バイナンス ステーキング 税金計算

バイナンスのステーキングを利用した場合、税金計算はどのようになるでしょうか。

さきほど例にあげたADAの場合だと。30日で0.1ADA増える計算になり、増えた0.1枚×ADAの時価が収益となり、課税対象になります。

このような複雑な税金計算には税金計算ツールを使うと簡単に行なえます。

クリプタクトではバイナンスと連携して、自動で税金計算を行なってくれるのでおすすめです。

その他のステーキングできる取引所は?

私がよく利用していて、ステーキングができるおすすめの取引所はバイビットです。

バイビットではキャンペーンでステーブルコインを高利率でステーキングできる場合があるのでお得です。

アカウントを作っておくと、キャンペーンなどが開催された場合に、すぐに入金できてチャンスを逃しません。

バイナンスとバイビットをこちらの記事で比較しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨をはじめたい人やもっと知りたい人への情報ブログ

目次