バイビットは「本人確認 レベル1」完了ですべての機能が利用できる

バイビットは本人確認しなくても利用できますが、レベル1まで終わらせると、

  • USDTを年利10%で運用できる
  • ローンチパッドに参加できる

このようなメリットがあるため、本人確認のレベル1まで終わらせることをおススメします。

「本人確認レベル1」に必要な書類は、

  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 免許証

上記の中から1つ選びます。

それでは、バイビット本人確認レベル1をアプリでおこなう方法を解説していきます。

目次

バイビット本人確認レベル1のメリット

バイビットの口座開設には、本人確認が必須ではありません。メールアドレスか電話番号を使って、すぐにアカウントを作ることができます。

面倒な手続きが嫌なら、本人確認しないで利用する、ということも可能です。

しかし、本人確認することによって得られるメリットもあるので、まずはそれらを見ていきましょう。

バイビット本人確認レベル1でできること

冒頭でもふれたとおり、バイビットで本人確認を完了すると、

  1. 資産運用ができる
  2. ローンチパッドの参加資格が得られる

このようなメリットがあり、

そのほかには、出金限度額があがる、限定キャンペーンに参加できる、などもメリットと言えます。

1.バイビットの資産運用とは、

仮想通貨を預けて利息を貰えるサービスです。

USDTを500ドルまでの上限で、年利10%で運用できる高利回りな運用方法。

値下がりリスクのないステーブルコインで、10%の年率は魅力的です。しかもいつでも引き出せるので安心です。

2.ローンチパッドとは、

バイビットに新規上場するトークンをセール価格で購入できるイベントのこと。

ステーブルコインを期間内に保有しているだけで、トークンの割り当てが貰えるリスクの少ないセールです。

期待値の高いトークンを、上場前に購入できるので参加者も多いのが特徴です。

バイビットで本人確認レベル1ができない時

バイビットの「本人確認レベル1」がうまくいかない原因は、本人確認書類を撮影した画像が不鮮明だった場合です。

アプリのカメラで撮影するときに、

  • ぼやけないように撮影する
  • 光の反射に気を付ける

この2点に注意して本人確認書類を撮影しましょう。

バイビット本人確認レベル1のやり方

それでは、実際にバイビットのアプリを使った「本人確認レベル1」のやり方を解説していきます。

STEP
バイビットのアプリを開く

アプリを開いたら、赤枠の部分をタップします。

STEP
本人確認を選択

ユーザー情報画面から、「本人確認:KYC」を選択。

提出するものは「身分証明書」と「自撮り写真」です。「今すぐ行う」をタップ。

STEP
本人確認書類の選択

身分証明書の発行国を選択し、提出したいものを選択します。

今回は、一番簡単な「運転免許証」を例に解説します。

注意書きを確認したら「次へ」をタップ。

STEP
本人確認書類を用意する

「続行」をタップ。

本人確認書類の発行国を入力して、書類の種類を選びましょう。

書類を選択したら、次は撮影になります。

STEP
アプリのカメラで撮影する

画像がぼやけたり、反射していないか確認して「読み取り可能です」をタップ。

撮影が完了すると、ステータスが「申請中」に変わります。

書類に不備がなければ、審査は数分で終わります。

本人確認が完了すると、ユーザー情報画面のステータスが「確認済み」に変わります。

これで、本人確認レベル1は完了です。

まとめ

以上が、バイビットのアプリをを使って本人確認レベル1の申請方法でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これから仮想通貨を始めたい人やもっと知りたい人への情報ブログ。

目次