メタマスクで複数アカウントを作るメリットと注意点を解説

メタマスクで複数アカウントを作るにはどうしたらいいですか?

今回はこのような疑問にお答えします。

  • エアドロップ専用
  • OpenSeaのコレクション別
  • 魔界専用アカウント

など、メタマスクで複数アカウントをもっておくと便利です。

複数アカウントを作るには、2つの方法があり、シードフレーズの管理は、

  • メタマスクの中に、別のアカウントを作成する:シードフレーズは1つ
  • 別のメタマスクのアカウントをインポートする:シードフレーズは2つ

このような形になり、それぞれやり方・注意点が違います。

それでは、メタマスクで複数アカウントを作る2つの方法と注意点を解説していきます。

目次

メタマスクの中に複数アカウントを作る方法

まず、メタマスクを開きましょう。


右上のアカウントのマークをクリックすると、タブが開くので「アカウント作成」を選択します。

わかりやすいように、名前を付けておきましょう。名前を付けたら「作成」をクリックします。

これで、同じメタマスクの中に新しいアカウントが作成できました。

この手順で、同じウォレットにいくつもアカウントを作成することができます。

「アカウント作成」の場合の注意点

冒頭でもお話ししたとおり、この方法で複数のアカウントを作成した場合、

  • シードフレーズは、最初に作成したときの「1つだけ」

メタマスクを削除しても、シードフレーズを使って復元すれば、上記の方法で作成したアカウントも復元されます。

※復元したときは表示されませんが、同じ手順で作成すると同じアドレスが生成されます。

そのため、シードフレーズが抜かれると、作成した全てのアドレスから資金が抜かれます。

次で紹介する方法では、シードフレーズが別になるので、セキュリティー面で優れた方法になります。

メタマスクに複数アカウントをインポートする

他の端末にインストールしているメタマスクのアカウントを、秘密鍵を使ってインポートすることができます。

この方法で複数のアカウントをインポートした場合は、それぞれシードフレーズが別にあるので、前述した方法よりも安全です。

トラストウォレットやセーフパルウォレットを、メタマスクにインポートして使えます

>>メタマスクのサブアカウントにトラストウォレットを利用する

メタマスクから秘密鍵を取り出す方法

まずは、インポートしたいウォレットの秘密鍵を用意します。メタマスクで秘密鍵を取り出しましょう。

アカウントのマークの下にある3つの点をクリックしましょう。

続いて「アカウントの詳細」を選択します。

秘密鍵のエクスポートを選択。

メタマスクのパスワードを入力すると、秘密鍵が表示されるので、コピーしておきます。

この秘密鍵を別のメタマスクにインポートします。

他のウォレットアプリから秘密鍵を取り出すときも、同じ手順で取り出すことができます。

秘密鍵を使ってアカウントをインポートする手順

さきほどと同じように、アカウントのマークを選択して、「アカウントをインポート」をクリックします。

さきほどコピーしておいた秘密鍵を入力して、インポートをクリックします。

これで、アカウントのインポートは完了です。

まとめ

以上が、メタマスクで複数のアドレスを作る方法でした。

最後にポイントをまとめます。

メタマスクに複数アカウントを作るには2つ方法があり、シードフレーズの管理は、

  • 1つのメタマスクの中に複数のアカウントを作成する場合は、管理するシードフレーズは1つ
  • 秘密鍵を使って複数アカウントを作る場合は、端末ごとにシードフレーズを管理する

このようになり、用途に合わせて使い分けるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨をはじめたい人やもっと知りたい人への情報ブログ

目次